シュガーダディ

【パパ活】シュガーダディ(SugarDaddy)にサクラ・業者はいる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
The following two tabs change content below.
斎藤タケル

斎藤タケル

学生時代からSNS・マッチングアプリを活用して30人以上の女性と出会っている広告関係の仕事につく32歳男性。仕事の片手間でマッチングアプリを使って平日夜と週末の予定を埋めがち。最近は接待や飲み会のために使っていてたギャラ飲みにハマり中。写真はイケメン・中身はクソ人間。日本酒好き

今回の記事では日本最大級のパパ活サイト「シュガーダディ(SugardDaddy)」のサクラに関する解説をしていきます。「メッセージがきたから課金したけどすぐに退会してた」や「やたら話が早くて怪しい」などサクラや業者にまつわる疑問を解消していきます。

シュガーダディの無料登録はこちら

シュガーダディ(SugarDaddy)にサクラや業者はほぼいない

シュガーダディ安全性

結論からいうと、シュガーダディー(SugarDaddy)にサクラや業者はほぼいません。シュガーダディ(SugarDaddy)はサクラや業者を排除するために以下のような対策を取っています。

  • 年齢確認の必須化
  • 専任スタッフによる24時間365日の監視体制
  • セキュリティ対策の強化

これらの対策を行うことにより、シュガーダディ(SugarDaddy)では偽アカウントで審査を通すことや、スパムのような怪しい動きをするユーザーを排除することに成功しているのでサクラや業者がほぼいません。

サクラとは何?

50人以上の男性に出会えた!現役女子大生が選ぶおすすめマッチングアプリはこれだ!!

サクラとは運営が用意したヤラセのアカウントのことです。サクラと言ってもいくつかの種類があることをご存知でしょうか?サクラの種類を知ることでそれぞれの傾向が掴めてきます。

①ポイントサクラ

ポイントサクラはサイト内でポイントを消費させることを目的としたサクラです。メッセージのやりとりやプロフィールの閲覧ごとにポイントを購入するようなタイプのマッチングアプリや出会い系サイトにはこのタイプがよくいます。

②キャッシュバッカー

キャッシュバッカーという言葉は聞き馴染みがない方も多いのではないでしょうか。キャッシュバッカーとは男性に課金させた金額の一部を報酬として受け取るバイトのことです。男性からメッセージやいいね!が送られて来るたびにポイントが溜まり、そのポイント数に応じて報酬が支払われるというのが一般的です。

キャッシュバッカーのやっかいな点は見分けがつきづらいことです。ポイントサクラのように送るタイミングに意図があるわけではなく、中高生などの学生や主婦が適当にメッセージを送るため完全な見分け方がありません。

シュガーダディ(SugarDaddy)は月額課金を続けてもらう必要があるので、サクラを用意して悪い体験をさせるメリットがありません。したがって、サクラを運営が用意することはないといえます。

サクラと業者の違い

マッチングアプリやパパ活アプリでよく言われるサクラと業者の2つを同じ意味と捉えている人がいるかもしれません。しかし、この2つには「実害を伴う可能性」という点で明確な違いがあります。

通常、サクラとは運営が用意したユーザーのことを指します。

サクラの目的としては、リリース直後に会員数を多くみせることだったり、課金率の向上を図る意図があります。

一方、業者とは運営とは関係ない営利目的でユーザー登録しているアカウントを指します。

業者の場合は他のサービスへの誘導や悪質なスカウト、個人情報の転売など一般ユーザーに害がある行為を行います。

業者の種類

お金持ち

サクラと業者の違いは解説しましたが、実際業者の種類とはどのようなものがあるのでしょうか?

①他の出会い系サービスなどへの誘導

これは昔からあるベターなものです。特徴としてはマッチングしたらすぐにLINEでのやりとりを希望することです。「○○で知り合った人たちと今度オフ会するので登録してみませんか?」など様々な理由をつけてLINEでのやりとりを通して他サイトへ誘導をしようとします。

②デリヘルなどの風俗系業者

実際に女性がアカウントを使っているけども、その女性がデリヘルなどのお店から雇われているケースがあります。マッチングアプリやパパ活アプリのユーザーにはワンチャンできればいいという人も存在します。それ自体は個人の自由ですし、このような業者とは利害が一致するところも一部あります。

しかし、中には美人局のような事件にも発展するので注意が必要です。マッチしたその日にすぐに会おうとしたり、積極的すぎる女性はこのパターンの可能性があるので注意してください。

③個人で色恋沙汰の仕事をやっている人

業者の中には個人で客引きのようなことをしている人もいます。キャバクラやデリヘルの客引きから結婚詐欺師まで様々なタイプがいますが、いずれにしても本当に恋愛関係を作るような入り方をしてくるので見分けることが困難です。パパ活アプリの場合は女性に対してお金の支援が普通なのでマッチングアプリよりも更に見分けづらいようです。

「割り切った関係ではなく、本気の恋人を探している」などの発言をしている人には要注意です。

④ネットワークビジネス

こちらもパパ活やマッチングアプリに限らず頻出します。こちらは男性がカモにされるというよりは、女性がカモにされるケースが多いです。高級時計や高級車など身なりからお金持ちの雰囲気を出している人やプロフィールに「成功」「海外旅行によく行く」などの言葉が見られたらこのケースを意識しましょう!

サクラや業者の見分け方

口コミ・評価

サクラや業者のアカウントは早く一般ユーザーを釣りたいため、アカウントに特徴があります。ここからはサクラや業者にひっかからないための見分け方を紹介します。

①プロフィール写真

業者はユーザーに関心を持ってもらうことが大事なので、まずプロフィール写真に力を入れます。 特徴は3つあります。

明らかに美男美女のような写真

1つ目の美男美女の写真は1番わかりやすく興味を引く方法として多用されています。この対策としては、プロフィール写真をスクショかダウンロードして、それをグーグルクロームなどを使って画像検索してください!読モなどの場合はネットやSNSに落ちている写真のはずなのですぐに見つかります。

顔写真は1枚のみ(他は風景や食べ物)

2つ目の顔写真1枚のみも大事な判断ポイントです。業者の場合は、適当なところから画像を引っ張ってくるため「本人の顔写真を複数用意することが手間」になります。なので、2枚目以降は調達しやすい風景や食べ物の写真を使うことが多いです。

(女性の場合)露出が強調されている

3つ目の露出が強調されている写真に関しては、刺さる人とそうでない人が分かれると思います。しかし、刺さる人に対してはキャバクラなどの客引きと相性が良いので使われやすい手法です。

②常にオンラインで連絡が即レス

アプリ内でいつみてもオンラインの人は要注意です。仕事が会社員などになっておりアプリが使えないはずの時間帯にもずっとオンラインになっている人は、業者である可能性が高いです。また、LINEが即レスのケースも自動返信botを使用しているケースがあります。会話が微妙に噛み合わないなと感じたら警戒してください。

③LINEをすぐに聞いてくる

業者の他のアプリへの誘導やスカウト行為はの利用規約に反しているので、メッセージ内容を検知して強制退会させられるリスクがあります。なので、業者は監視体制をかいくぐるためにいち早くLINEでのやり取りに移行する傾向があります。

ただし、最近の手法では信頼関係を構築するためにアプリ内でやり取りを重ねたり、会うまでは隠してデートの際にスカウトするなどの手法も出てきているようなので注意してください。

④デートの提案を聞き流す

業者は顔バレを避けたく、送客するまでのコストを下げるために、実際に会うといった手間のかかることをしません。なので、食事やお茶に誘ってもさりげなく別の話題にすり替えてデートを流そうとしてきます。やり取りを重ねて自然な流れで誘ったにも関わらず、約束を取り付けられない場合は注意が必要です。

⑤プロフィールでお金をちらつかせる

プロフィールでお金持ってるアピールや自由に生活してます!のような内容を発信している人は要注意です。具体的には以下のような内容がプロフィールに入っていたらセミナー系の勧誘やバイナリーオプションなど怪しい副業の紹介業者だと思って警戒してください!

  • サブ写真に札束の写真
  • 高級時計や高級車の写真
  • 海外旅行によく行くという内容の記載
  • プロフィールに「副業」のキーワード

すぐに退会をする意思表明をしている

プロフィールに「今月で退会します」や「いい人と出会えたらすぐにやめます」のように、もうすぐ退会するような内容で退会する前にいいねを押させてメッセージにつなげようという狙いです。

しかし、本気で出会いを求めている人は退会すると記載するメリットがほとんどなく、「退会します」というのはただの煽りのような文言です。このようなことを書いている人は業者である可能性が高いです。

サクラや業者の対処法

サクラや業者の手口は日々進化しており多岐に渡りますが、対処法はシンプルです。簡単にできて効果的な対処法をご紹介します!

ブロック&通報する

怪しいユーザーを「ブロック」と「通報」することができます。

ブロックは相手からのメッセージを拒否できるのとプロフィールの閲覧をされなくなるという機能です。これでもサクラや業者の被害は受けなくなりますが、アプリから悪質な業者を排除するために「通報」して運営側に対応してもらうことをおすすめします!

年齢確認が済んでいるアカウントのみ交流

業者アカウントは本人確認出来る書類を提出できないため、年齢確認などの本人証明が済んでいないことが多いです。「本人確認済」「年齢確認済」「年収証明済」「有料会員」などのステータスが付いているアカウントは、確実に業者アカウントではないと言えませんが一般ユーザーである可能性がかなり高いです。

LINEを交換せずデートに誘う

業者の見分け方でも説明しましたが業者は強制退会を避けるためにLINEでのやり取りに移行したがります。しかし、普通ならば信頼関係をつくって初回のデートの約束を取り付けるのは、アプリ内のメッセージ内でも十分に可能です。

LINEは直接会ってから交換しましょうなどと理由を説明して、ちゃんと納得してくれる人は業者ではないケースが多いです。

シュガーダディ(SugarDaddy)はサクラや業者対策が万全だから安心!

今回はシュガーダディ(SugarDaddy)のサクラや業者について解説しました。メッセージするたびに課金が必要なサイトなどはサクラや業者が横行しています。

 

しかし、シュガーダディ(SugarDaddy)は運営のビジネスモデル上、サクラを用意するメリットがないので安心して利用できます。

パパ活を始める人はシュガーダディ(SugarDaddy)で始めることをおすすめします!

The following two tabs change content below.
斎藤タケル

斎藤タケル

学生時代からSNS・マッチングアプリを活用して30人以上の女性と出会っている広告関係の仕事につく32歳男性。仕事の片手間でマッチングアプリを使って平日夜と週末の予定を埋めがち。最近は接待や飲み会のために使っていてたギャラ飲みにハマり中。写真はイケメン・中身はクソ人間。日本酒好き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る